低コストで実現!すぐに成果が出るCVR改善方法

結構な広告予算をかけているのに一向にCVRやCPA改善しない!
そんな時に注目したいのがランディングページ(以下、LP)。

実は広告がどんなに最適化されていてもLPが課題だらけであれば
成果が大きく改善することはありません。

今回は、CVR(CPA)改善をテーマに、
LPの改善するべきポイントをご紹介します。

1. ページ表示速度の改善

ページを訪問した際になかなか表示がされない状態になっている場合、ユーザーが諦めてページから離脱してしまいます。

ランディングページの場合、概ね1~2秒程度でページが表示されるか確認しましょう。

表示速度を遅くする主な要因は、

  1. ページにデータ容量が大きい画像が大量に配置されている
  2. HTML内のヘッダー要素に大量のJavaScriptが設置されている
  3. HTML内に大量の効果計測タグが設置されている

これらは、画像を極力使わない圧縮する、JavaScriptを減らしHTML内のフッターに配置する、
一つのLPに大量の計測タグを設置しないなどで表示速度を改善できます。

2. ファーストビューの訴求見直し

ファーストビュー(キービジュアル)は、LPに訪問したユーザーが一番最初に目にする要素です。
この要素が分かりづらいかったり魅力がないとユーザーはページから離脱してしまいます。
「信頼性を訴求できること」「サービスをイメージできること」が重要です。

初訪問ユーザーが2秒以内にどのような商材のLPなのか理解できるようにします。


図1 サービス内容を分かりやすく、実績などの数値による訴求も効果的。

3. 構成を見直す

LPに必要な要素が含まれているか、流れが不自然になっていないかを確認します。

  1. 起承転結がしっかりしているか
  2. 特長やセールスポイントが記載されているか
  3. 取引実績や販売数など数値による論拠はあるか
  4. お客様の声などのユーザーボイスがあるか

これらが欠けていると競合優位性に欠け、コンバージョンにつながりにくくなります。

ユーザーの興味関心を煽り離脱させない流れをつくります

図2 LPの構成の流れ例

4. コンバージョン要素を見直す

LPにとって無くてはならない存在のコンバージョン要素。
例えば、高額商材の場合、コンバージョン要素に「さっそく購入」などと記載されていても、
ユーザーはクリックしないでしょう。
また、要素が背景と同化している、ボタンが小さいなどの見た目の部分でユーザーが離脱してしまうケースもあります。

要素のデザインやテキストなどを見直しましょう


図3 コンバージョン要素の例。極端に敷居の高いテキストや見た目は避けます

5. フォームの修正

先程のコンバージョン要素とあわせて必要になるのが、フォームです。
電話での問い合わせを除けばこの要素がないとユーザーはコンバージョンを達成することは出来ません。

フォームの入力途中に離脱をしてしまうユーザーは凡そ70%前後(弊社調べ)です。
せっかくフォームまで誘導できたのにフォームで離脱されてしまうことは非常に勿体ないです。

以前の記事でもご紹介しておりますが、フォームの項目数や入力形式の見直しなどで離脱率を改善します。
また、後述しますEFOの導入による効果も高いため検討しましょう。


図4 EFOの導入例

最後に

いかがだったでしょうか。

フォームに到達するユーザーは、比較的見込みの高いユーザーです。
そんなユーザーをフォームの不便さで逃してしまっているのは、本当にもったいないことですので、
もし、フォーム改善を後回しにされていた企業様は、今すぐに着手することをオススメします!

広告費(=入口)を増やすだけでなく、
フォーム(=出口)でしっかりユーザーを受け止めましょう

弊社では、フォームの改善も承っておりますので、お気軽のお問い合わせください!

フォームデザインのポイントがまとまった資料ダウンロードはこちら

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)