次世代画像フォーマットについて

WEBサイト制作において、WEBサイトを高速に表示させることは一つの課題となります。
高速化の一つの手段として、画像の軽量化があります。
画像形式というと「JPEG」や「PNG」「GIF」などがありますが、今回は次世代の画像フォーマットである「WebP」「JPEG200」「JPEG-XR」について、取り上げていこうと思います。

WebPとは

最近、Googleの画像検索などでもよく見る形式です。
Googleが開発した最新の画像形式で、PNGなどの可逆圧縮およびJPEGなどに用いられる非可逆圧縮の両方のメリットを併せ持った画像形式です。画像を軽量化できWebサイトを高速化することができます。

JPEG 2000とは

JPEGの次世代規格で、JPEGを上回る圧縮効率と拡縮大性能と高速性を持ちます。
医療や地理などの分野で用いられることを想定した画像形式です。

JPEG-XRとは

JPEGの次世代として画像情報を扱うための標準フォーマットとして誕生しました。正式名称は「Joint Photographic Experts Group Extended Range」です。
従来のJPEGと比較して圧縮率や色彩情報の量などにおいて優れています。

対応するブラウザに難がある

次世代画像フォーマットは既存のフォーマットと比較して、軽量で扱う情報量において優れていますが、
現状、対応するブラウザに難があります。

各画像の対応ブラウザ

  IE11 Edge Chrome FireFox Safari
WebP × ×
JPEG 2000 × × × ×
JPEG-XR × × ×

こうしてみると、画像フォーマットによっては、対応しているブラウザが殆どない状況です。


作ったらそれでおしまい。
ではなく、何度もテストを重ねてより良い成果を生むランディングページを作成することが大切です。

貴社でお使いのランディングページを改善するための代表的なチェック項目を以下にまとめておりますので、ぜひダウンロードして活用してみてください。

弊社ではランディングページの無料簡易分析も承っております。
プロ視点で見た、貴社ランディングページの課題点を発見し、オーダーメイドの分析結果資料をお届けいたします。
詳しくはチェックリストをご覧ください。

いますぐダウンロードしてみる(無料)

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)