【後編】2020年Bruceclay直伝 SEOチェックリスト

SEOチェックリスト

前回お届けしたSEOチェックリスト前編では「コンテンツの最適化」「内部最適化」についてご説明しました。

 

今回の記事では「ローカル検索最適化」「モバイル最適化」「サイト全体の最適化」「ウェブマスター向けツール」の項目について解説していきます。

※この記事はBruce Clay Inc. の「The Always Up-to-Date SEO Checklist」を抄訳したものです。

ローカル検索最適化

ローカルビジネスにおいてはは、通常のSEO以外に注意するべき要因があります。ここでは、重要なローカルSEOのチェック項目をいくつかご紹介します。

21.Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスは無料で利用でき、サービスエリアを持つ企業にとって重要な第一歩となります。

Googleマイビジネスは、Googleマップ、Google検索結果のローカルパック、ビジネスのナレッジグラフパネルにサイトを表示することができます。

SEOの目的は検索エンジンからあなたのサイトにトラフィックを送ることなので、これらの表示はSEOの項目として重要です。

22.構造化データでのローカル情報のマークアップ

ビジネスに関連したページを構造化データでマークアップすることでローカルSEOにとってプラスになる可能性があります。特に重要なのは、NAP + Wコード(ビジネスの名前、住所、電話番号とウェブサイトを指定するWコード)です。マークアップについてはこちらから確認することができます。

モバイル最適化

私たちは今日モバイルファーストの世界に生きています。企業は、自社のウェブサイトがモバイルに対応していることを確認する必要があります。Googleコンテンツをインデックスし、ランキングを決定する際に、モバイル版のコンテンツを見ています。

ここではモバイルに関する主要な項目を挙げていきます。

23.モバイルユーザビリティ

検索エンジンは、ユーザーに優れたモバイル体験を提供することに注力しています。Google Search Console内のモバイルユーザビリティレポートで、モバイルデバイス上でのサイトのパフォーマンスを確認できます。

このレポートでは、タッチ要素が近すぎるかどうか、コンテンツのサイズがビューポートに合っているかどうか、Flash の使用量、フォント サイズなどを知ることができます。

また、Google Search Console内のURL検査ツールを使用して、異なるモバイルデバイスでレンダリングされた特定のページをGoogleがどのように見るかを把握することもできます。

最後に、Googleの開発者向けモバイルフレンドリーテストで重要なURLを実行することができます。同様に、Bingでもモバイルフレンドリーテストツールを提供しています。

ページの読み込み速度もランキングの要因となります。

24.モバイルと音声検索キーワード

最後に音声検索を試したのはいつですか?

音声検索を使って、あなたの顧客と同じようにあなたのビジネスや競合他社を探してみてください。

 

・”近くの[キーワード]」”のようなワードで音声検索したとき、あなたのサイトは検索結果に出てきていますか?

・質問や文全体として形成された検索を考慮していますか?(これらは音声クエリの進歩により、より一般的になってきています)。

追加の確認として、

・対策キーワードは簡単に発音できますか?発音の難しい製品名や会社名ではありませんか?

・現在、音声検索でどのくらいのパフォーマンスを発揮していますか?1位に表示されていても、モバイルトラフィックが得られていない状況ではないですか?

キーワードがどのように認識されるかは重要な部分であり、間違ったクエリ認識はSEOデータを狂わせます。

25.Accelerated Mobile Pages (AMP)

AMPは、モバイルユーザーのためにウェブページをほぼ瞬時に読み込むことを可能にするオープンソースプロジェクトです。

AMPはリリース以来、eコマース、パブリッシャー、広告主を含む様々なウェブサイトをサポートするために、より多くの機能を追加してきました。GoogleのAMPカルーセルの視認性の高さから、AMPページはモバイル検索結果でより多くの視認性を得ることができるかもしれません。

余談ですが、私(ブルース・クレイ)は田舎や通信速度の遅い地域にコンテンツを提供する場合を除き、AMPは必要ないと考えています。GoogleもAMPが必要なのは、通信速度が遅い地域であることを認識しており、アメリカの多くの地域では、GoogleはAMPのためのアドバンテージを廃止し始めています。

サイト全体の最適化

Googleの品質評価者ガイドラインでは、E-A-Tという用語が導入されました。専門性、権威性、信頼性をページ品質の上位指標とする略語で、E-A-Tは今や検索エンジン最適化の柱となっています。

ウェブサイトは全体として、専門性、権威性、信頼性を示すとともに、トピックにおけるサイトとの関連性を伝え、検索エンジンのアクセシビリティを最適化しなければなりません。以下の項目はE-A-Tをサポートするのに役立ちます。

26.コンタクト情報

分かりやすいE-A-Tシグナルは、電話番号や物理的な住所などのビジネスの連絡先情報をサイト上で明確に表示することです。検索エンジンは、ユーザーのために連絡先情報を提供してくれることを期待しています。これらの情報は見つけやすいように記載しましょう。

27.お客様の声

サイトに設置されているお客様の声は、ビジネスとしての信頼性と顧客ベースに対するあなたの価値をサポートします。お客様の声は、訪問者に会社の価値を伝えるのにも最適です。

あなたの声やレビューもインデックスされるようにしましょう。それは、検索エンジンが認識しやすいテキスト(画像だけでなく)で表示することを意味します。さらにスキーマでマークアップすることで、レビューの評価を表示することを可能にし、トラフィックを増加させることでSEOの価値を拡張します。

28.プライバシーポリシー

サイトにプライバシーポリシーを掲載ことは、信頼を確立するのに役立ちます。プライバシーに関する声明は、サイトの訪問者は、収集したデータでサイトが何をしているかを知ることができます。

すべてのサイトは、フッターにプライバシーページへのリンクを設置するべきです。

GoogleやBingとの信頼関係を強化することに加えて、プライバシーポリシーを提供することがベストプラクティスとなります。EUのGDPRなどのプライバシー法では、多くのサイトでプライバシーポリシーの明確化、データ収集を許可するための訪問者のオプトインなどが義務付けられています。

アメリカでもカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)という強力な法律があり、全国的に拡大することが予想されています。

あなたのサイトの訪問者がどこにいるのか、個人情報保護法を調査し、ウェブサイトがそれらの法律を遵守していることを確認してください。

29.テキストナビゲーション

サイト内にテキストナビゲーションがあることを確認してください。テキストリンクは、メニュー項目に画像を使用するよりもSEOに優しいです。

トップメニューにクロール可能なナビゲーションリンクがない場合は、少なくともページの下部にテキストナビゲーションがあることを確認してください。これは検索エンジンのアクセシビリティの問題です。

ちなみに、サイト全体で構造化データでのマークアップとパンくずを使用することを強くお勧めします。そして、トップページに適切な主要キーワード(あなたが家を販売していない限り)で、そのパンくずの “ホーム “を置き換えます。下層ページから上位ページへの内部リンクを持つことは、SEOにおいてアドバンテージになります。

30.サイトマップ

あなたのサイトにはHTMLサイトマップが必要です。すべてのページのフッターなどにサイトマップへのリンクを設置するべきです。

また、検索エンジンに認識させるためのXMLサイトマップも必要で。すでにサイトマップがある場合は、定期的にチェックして更新し、現在アクティブなページが記載されていることを確認してください。

31.Robots.txtファイル

robots.txtファイルは、検索エンジンのスパイダーに何をインデックスしてはいけないかを伝えます。たとえ空であっても、このファイルが存在することが重要です。

また、このファイルが誤って重要なファイル、ディレクトリ、またはサイト全体をブロックしていないことを確認してください。

このファイルのもうひとつの重要な役割は、XMLサイトマップファイルの存在を検索エンジンに伝えることです。XMLサイトマップの情報を記述したrobots.txtファイルを設置することを推奨します。

32.リンク設計

コこのセクションについては、たくさん考慮すべきことがありますが、ここではSEOチェックリストの一部として記載します。内部リンクの構造は、一般的にサイロイング(コンテンツのカテゴライズ)に由来しており、これはテーマ性を確立するために非常に重要です。

さらに、被リンク/発リンクは、検索エンジンのガイドラインに準拠した有機的で自然な戦略の一部でなければなりません。サイトメンテナンスの一環として、定期的にチェックしましょう。

GoogleがPageRankを推進したことで、自発的なリンクが売れる商品になったことは間違いありません。そのため、リンクの販売を中心とするビジネスが発展しました。

Googleはこのスパムについて検討を重ね、いくつかのペナルティを施行し、それに対抗するための技術を構築してきました。いまだにそのような作為的なリンクによって繁栄するSEOコンサルタントが存在します。

33.サーバー構成とメンテナンス

定期的に404エラー、不適切な301リダイレクト、その他のエラーを探してサーバーをチェックしましょう。Google Search Consoleの診断レポートでは、修正すべきエラーも確認することができます。

サーバー構成もサイトの速度に影響を与えます。表示スピードはSEOの重要な課題であるため、これは主要なチェック項目です。

サーバーのメンテナンス、特にプラグインのメンテナンスは様々な場面で重要です。例えば、マルウェア攻撃にあった場合、ハッカーがシステムの弱点を突いて、知らないうちに他のサイトへの隠しリンクや転送をコードにインストールしている可能性があります。このようなコンテンツへの攻撃は、これまでのSEO対策に影響を与えます。

44.静的URL

複雑で動的なURLは問題になることがあります。あなたのサイトに以下のようなものがある場合は、URLを静的URLに変換することを検討してください。

・2つ以上のクエリ文字列パラメータがある場合
・インデックス化されない動的ページの場合
・重複したコンテンツがインデックスされている場合

また、URLを簡略化するために mod_rewrite や ISAPI_rewrite を適宜使用することもできます。書き換えられたURLは静的なURLのように見えます。これには多くの作業が必要になることがありますが、この問題を解決する確実な方法です。

また、canonicalタグを使用して、どのページが正規ページとしてインデックスされるべきかを検索エンジンに伝えることもできます。

35.スパムの活用を避ける

あなたのSEO施策がGoogleウェブマスターガイドラインBingウェブマスターガイドラインに従っていることを確認してください。

ウェブマスター向けツール

データと知恵の間には差異があることを覚えておいてください。SEOツールは、あなたのサイトで何が起こっているかを発見するのに役立ちますが、アクションプランをプロットするには、SEOの理解が必要です。

36.ウェブアナリティクス

言うまでもなくアナリティクスデータはSEOにとって重要です。アナリティクスが適切に設定されていることを確認し、定期的にチェックして、トラフィックを発生させているキーワードがキーワードリストに含まれているかどうか、あなたのサイトがそのキーワードに最適化されているかどうかを確認しましょう。

37.ウェブマスターツール

GoogleやBingの様々な名前のウェブマスターツールは、サイトの所有者に検索エンジンが自分のサイトをどのように見ているかの洞察力を与えてくれます。

これらの無料ツールはデータを収集し、どのような検索クエリがあなたのサイトにトラフィックをもたらすか、修正する必要があるクロールエラー、ペナルティ通知などの問題についての重要なレポートを提供します。

38.手動ペナルティーの審査

手動でのペナルティが課せられてしまった場合、Googleから Google Search Console 内で通知がきます。手動アクションのレポートと Search Console のメッセージセンターを確認してください。

また、Bingからペナルティを受けたかどうかを知ることもできます。Bingウェブマスターツールのダッシュボードでインデックスサマリーチャートを確認してみましょう。指定されたサイトのページ数が0になっている場合は、ペナルティを受けていることになります。

39.アルゴリズムアップデート

Googleアナリティクスを使用している場合は、Panguinツールを使用して、過去のアルゴリズムアップデートに対してのあなたのサイトトラフィックの推移をチェックすることができます。

過去のアルゴリズムアップデート一致して検索リファラーのトラフィックが大きく低下したり上昇したりした場合や、Googleからの手動アクションの通知を受けた場合は、ペナルティの影響を受ける可能性があります。

40.サイトスピード

PageSpeed Insightsをチェックしたり、GTmetrix.comのようなツールを使用して、デスクトップおよびモバイルデバイス上でのウェブサイトのパフォーマンスを分析し、改善することができます。

おわりに

2回に渡りSEOのチェック項目についてご紹介してきました。

40項目を一気に確認するのは大変ですが、どれもSEOにとって重要なものばかりですので、お時間のある時に少しずつでも確認していただくことをお勧めします。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)