構造化データとは?マークアップ方法を解説!

Google for Jobs が日本でもローンチされ少々話題になりましたが、
併せて話題になったのは「構造化データ」ではないでしょうか?

Google for Jobsに掲載されるためにはJob posting という構造化データのマークアップが必要になります。

そんな話題になった構造化データとはそもそもどういったものなのでしょうか。
今回はこの「構造化データ」について徹底解説していきます。

構造化データとは?

構造化データとはその名の通り、データを構造化するためのものです。
簡単に言うと「HTMLで記述されている情報を、検索エンジンやクローラーが何について記述されているのかを正しく理解できるようにマークアップするもの」になります。

言葉にするとわかりにくい部分もありますが、検索エンジンはHTML上に記述されている内容を単なる文字列として認識します。
よって、例えば「Bruceclay Japan」を会社として認識することは難しいということになります。

そこで記述されている内容に意味づけをし、検索エンジンに正しく理解してもらうようにしようとする【セマンティックweb】という考え方の1つがこの「構造化データ」となっています。

構造化データを実装するメリット

構造化データを実装するメリットは3つあります。

1、検索エンジンに対して記述内容を正しく認識させることができる

上段でお伝えしている通り、検索エンジンがHTMLを読み込むだけではただの文字列としか認識できないものに対して、構造化データを実装すると、そこに何が記述されているかわかるようになります。
これはページを正しく評価してもらいやすくなるという点でメリットとなります。

2、リッチスニペットとして検索結果画面に表示される可能性が高まる

これは実際の検索結果画面においてクリック率を向上させる効果が見込まれるでしょう。
いくつかのサンプルを以下に並べてみます。

・パンくず

構造化データ(パンくず)
・イベント

構造化データ(イベント)
・評価(星)

構造化データ(評価)

3、ナレッジパネルや、Google for jobsに表示されやすくなる

こちらもサンプルを以下に並べます。

・ナレッジパネル

構造化データ(ナレッジパネル)

・Google for jobs

構造化データ(Googleforjobs)

このように構造化データ実装によるメリットはいくつもあります。
ただし実装したからと言って必ずしもこれらの状態になるわけではありません。

また構造化データによって検索順位が大幅に改善されるという事例も稀ではあります。

構造化データには数多くの種類がありますが、必要なものを正しく記述するべきかと考えています。

ボキャブラリーとシンタックス

構造化データを理解するためにはこのボキャブラリーとシンタックスというものが重要となってきます。

ボキャブラリー

ボキャブラリーとは構造化データを設定する際にここから何についての情報を記述するのかというのを定義するような規格になります。
Googleがサポートしているボキャブラリーは以下の2つです。
・data-vocabulary.org
・schema.org
ちなみに推奨されているボキャブラリーはschema.orgですので、新規でマークアップする際はschema.orgを使用するようにしましょう。

シンタックス

シンタックスとはそれぞれの記述されている内容に対してどのような情報なのかを指定する際に使われるマークアップの仕様になります。
Googleがサポートしているシンタックスは以下になります。
・microdata
・RDFa
・JSON-LD

Google推奨の記述方法はJSON-LDですのでできる限りJSON-LDでの記述を心がけましょう。

よく使われる構造化データとその書き方

分析する中でよく活用されている構造化データは以下になります。
これらについてはその書き方の例も提示しますので、自サイトに合わせて編集してもらえればと思います。

パンくず(Breadcrumb)

JSON-LD

microdata

参照:https://developers.google.com/search/docs/data-types/breadcrumb?hl=ja

製品(Product)

JSON-LD

 

microdata

参照:https://support.google.com/merchants/answer/6386198?hl=ja

求人(JobPosting)

JSON-LD

参照:https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

よくある質問(FAQPage)

JSON-LD

参照:https://developers.google.com/search/docs/data-types/faqpage?hl=ja

正しく設定されているか確認する方法

構造化データを実装し、正しく設定できているか確認するためには、
1、実装前に構造化データチェックツールを使用する
2、サーチコンソールでエラーが出ていないか確認する

という方法があります。

構造化データチェックツールに関しては以下のサイトとなっており、
当該ページもしくはソースを直接入れることでチェックが可能です。

https://developers.google.com/structured-data/testing-tool/?hl=ja

構造化データ実装に関するおまけ

上記のようにHTMLを直接編集せずとも構造化データを設定することが可能です。
制限はありますが、サーチコンソールのデータハイライターという機能を活用することで一部代替が可能となります。

またJSON-LDの記述方法がわからなくなった場合は以下のようなサイトを使用しスクリプトを生成させることも可能です。
https://technicalseo.com/seo-tools/schema-markup-generator/

是非自サイトにも構造化データを実装してみてください。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)