Yahoo!スポンサードサーチの入札方法に「拡張クリック単価」が追加

概要

2018年9月19日(水)より、スポンサードサーチのキャンペーンにおいて新規入札方法「拡張クリック単価」を提供開始いたします(予定)。それに伴い、2018年11月頃を目処に自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」を提供終了する旨をリリースいたしました。

参考ページ:【スポンサードサーチ】新規入札方法の提供開始および一部自動入札タイプの提供終了について

Yahoo!スポンサードサーチの入札方法とは

Yahoo!スポンサードサーチは、広告配信における入札方法に関して「手動入札」と「自動入札」の2種類の設定が可能です。

 

手動入札:キャンペーン内の広告グループもしくはキーワードに対して、それぞれ入札価格を指定して配信を行います。入札価格の設定範囲は、1円~50,000円までとなっています。

自動入札:広告配信の目的に応じて、5つの自動入札タイプが用意されており、設定した自動入札方法に合わせて、キーワードの入札価格が自動的に調整されます。

参考:【スポンサードサーチ】自動入札タイプについて

 

手動入札は、キーワード単位で入札価格の設定が行えるため、キーワード単位のパフォーマンス管理が可能となりますが、登録キーワード数が多いアカウントの場合、すべてを管理するのは現実的ではありません。そのようなケースにおいては、目的に応じて自動入札を適用することにより、入札単価調整は任せて、その他の施策実施により成果改善を目指すのも一手です。

変更点「拡張クリック単価」の追加

今回のアップデートにより、入札方法「手動入札」の名称が「手動入札:個別クリック単価」に変更されます。さらに、この「手動入札:個別クリック単価」の拡張機能として、「拡張クリック単価」が追加されます。

「拡張クリック単価」の仕組みについて

「拡張クリック単価」は、個別に設定したキーワードの入札価格に対して、コンバージョンをできるだけ多く獲得できるよう、自動的に調整されます。

本機能を設定すると、広告オークションが行われる際に、ブラウザ・地域・時間帯などの検索ユーザーの情報をもとにしてコンバージョンの可能性が予測され、その予測に基づきキーワードの入札単価が調整されます。コンバージョンにつながる可能性が高いと判断された場合、上限なく入札価格を引き上げ、逆にコンバージョンにつながる可能性が低いと判断された場合は、最大0円(入札しない)まで引き下げられます。

すなわち、現在スポンサードサーチで設定可能な自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」と同等の機能として利用可能との事です。

キーワードの入札単価が自動的に調整される頻度に関しては、設定直後は広告配信発生機会の50%に対して調整が行われ、その後は成果に応じて割合を調整される、という「コンバージョン数の最大化」の仕様が引き継がれるかと思います。正確な情報に関しましては、追って補足させていただきます。

参考:自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」

「コンバージョン数の最大化」の終了

上記の「拡張クリック単価」のアップデートに伴い、同等の機能として現在利用できる自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」が11月中旬ごろに終了を予定しております。

Yahoo!JAPANに問合せした情報によりますと、現状「コンバージョン数の最大化」を設定しているキャンペーンに関しては、サービスの終了と同時に入札調整は「手動入札」と同じ、事前に設定している広告グループおよびキーワードの入札単価が適用される仕様に変更されます。

したがってこれまで通り「コンバージョン数の最大化」機能を利用したい場合は、サービス終了までに入札方法を「手動入札:個別クリック単価」に変更し、拡張機能の「拡張クリック単価」の設定変更が必要になります。スケジュールに余裕をもって設定変更いただければと思います。

最後に

今回の変更に関して、サービスの追加よりもサービス終了に関してご注意いただければと思います。サービス終了の際、これまでの配信設定に変更が加わる内容となってますので、気がつかないうちに意図しない配信がされているという状況になりかねません。

Google広告およびYahoo!プロモーション広告の更新情報は、逐一各サイトで公開されていますので、定期的に確認いただければと思います。

参考:Googleアップデート情報

参考:Yahoo!リリースノート

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)