PcBanner SpBanner

売れないランディングページ

公開日:2021.11.15 更新日:2021.11.19

売れないランディングページ

せっかくランディングページ(以下、LP)つくったのに売れない!
きっと、デザインが良くないせいだ!
そんな風に考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、LPの成果はデザインの良し悪しだけに左右されるものではありません。
今回は、LPが売れない要因をいくつかご紹介します。

ターゲットが不明瞭

なんとなく雰囲気でつけたキャッチコピー、いろいろな人に見てほしいから老若男女問わずに入れたサービス紹介。
気づいたら誰に一番見てほしいのか見失っていませんか?
LPは1ページで流入してきたユーザーを購入やお問い合わせまで動機づけさせアクションさせなければなりません。
誰が見てもコンバージョンにつながるLPというものは存在しないため、ここではしっかりと明確なターゲット像をもってLPを作ることが必要です。


例えば、30代女性が興味を持てる内容にする。40代男性で車に興味がある人向けの内容にする等、ターゲットを意識した構成が必要です。

コンバージョンの敷居が高い

1ページで完結するLPでユーザーを説得しコンバージョンに誘導することは大変なことです。
せっかくコンバージョンしようとしてもコンバージョン地点の敷居が高く、ユーザーに逃げられてしまったら元も子もありません。
例えば、10万円もする商品をLPで見て即決購入するでしょうか。
多くの場合は、「資料請求」や「お問い合わせ」などの購入手前をコンバージョンにします。


敷居の高いコンバージョン地点を見直す

フォームが整理されていない

フォームはLPからコンバージョンを行う際に必ず利用する機能です。
入力が必ず必要な項目が分かりづらい。入力自体がしづらい。スマホで操作しづらい。等
せっかくコンバージョンに至ろうとしたユーザーが、フォームの使いづらさによって逃げてしまったら目も当てられません。
まずは、自分で使ってみて使いづらい点がないか。見直すことが大切です。


作ったらそれでおしまい。
ではなく、何度もテストを重ねてより良い成果を生むランディングページを作成することが大切です。

貴社でお使いのランディングページを改善するための代表的なチェック項目を以下にまとめておりますので、ぜひダウンロードして活用してみてください。

弊社ではランディングページの無料簡易分析も承っております。
プロ視点で見た、貴社ランディングページの課題点を発見し、オーダーメイドの分析結果資料をお届けいたします。
詳しくはチェックリストをご覧ください。

BCJ管理人

BCJ管理人

ブルースクレイ・ジャパン(株)サイトの管理人です。 担当業務は全ファネル領域におけるサイト改善コンサルです。

お急ぎの方はお電話ください

03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)

メールでのお問い合わせはこちらから