SEOのためのコアウェブバイタル

コアウェブバイタル

この記事はCore Web Vitals for SEO: An Overview を抄訳したものです。

 

優れたユーザーエクスペリエンスを提供するウェブページのデザインには、非常に多くのことが関わっています。ページの読み込みスピードや、ページとのやりとりのしやすさなどは、ほんの一例に過ぎません。そして、そのリストは常に進化し続けています。

 

Googleは、ユーザー体験を向上させるウェブページのコア要素を “コアウェブバイタル “と定義しています。コアウェブバイタルは、2021年にGoogleのページエクスペリエンスランキング要素の一部となります。そして、ウェブサイトがGoogleでどのようにランク付けされるかに影響を与えることが強く示唆されています。今回の記事では、コアウェブバイタルとは何か、そしてそれがSEOにどのように影響するのかについてお話しします。

コアウェブバイタルとは?

コアウェブバイタルとは、ウェブページのユーザビリティを評価するシグナルのことです。これらの「バイタルサイン」は、良いユーザー体験に貢献するページ品質のシグナルです。そして、それはSEOにも役立ちます。

コアとなるウェブバイタルには、ページのロード時間、応答性、コンテンツの視覚的安定性などが含まれます。執筆時点では、Googleの現在のコアウェブバイタルには以下のようなものが含まれています。

LCP(Largest contentful paint)

LCPは、最大の画像やテキストブロックがウェブページ上でどれだけ速くレンダリングされるかを測定します。そしてGoogleは、最初の2.5秒以内に表示されることを推奨しています。

FID(First input delay)

FIDはロード応答性を測定します。これは、ユーザーがページと対話できるように、ウェブページがどれだけ早くロードされ、実行されるかを指します。

CLS(Cumulative layout shift)

CLSは、ウェブページ上の予期せぬレイアウトの変化を測定します。例えば、ウェブページ上でボタンやリンクが移動して、ユーザーが望んでいたものとは別のものをクリックしてしまうことがあります。

これらのコアウェブバイタルには、それぞれ満たさなければならない特定のしきい値があり、今後の記事で詳しく説明します。

core-web-vitals-thresholds

画像クレジット: Web Vitals, Google Developers

コアウェブバイタルは時間の経過とともに進化していくことが予想されますが、何の前触れもなく進化していくわけではありません。

Googleによると

… コアウェブバイタルは、開発者がウェブ全体の体験の質を測定するためのシグナルを表していますが、これらのシグナルは完全ではなく、将来的な改善や追加が期待されます。… 開発者は、コアウェブバイタルの定義としきい値が安定していることを期待するべきであり、更新は事前の通知と予測可能な年に一度のペースで行われることを期待するべきです。

とのことです。

コアウェブバイタルはSEOやランキングにどのような影響を与えるのか?

コアウェブバイタルは、あなたのサイトのユーザー体験が高速で、反応が良く、スムーズであることを保証するのに役立ちます。これはすでにSEO戦略の一部となっています。

 

LCPはウェブページの読み込みが速いかどうかを測定する一つの方法です。これは、あなたのウェブサイトの訪問者が良いユーザー体験を持ち、あなたのサイトに滞在するのに役立ちます。

FIDは、訪問者をサイトに留めておくためのもう一つの優れたSEO戦略です。

CLSは、重要なSEO戦略であるモバイルユーザーにスムーズな体験を提供するのに役立ちます。

Googleは、新しいページエクスペリエンスシグナルがランキングの何%に影響を与えるかをまだ断言していません。コアウェブバイタルがページエクスペリエンスランキングの全体的な更新にどのように影響するかについても、正確に断言することはないでしょう。

別の観点で見てもコアウェブバイタルは重要です。

例えばあなたのサイトが遅い場合、音声検索のリクエストに素早く反応することはできません。今後音声検索はますます重要になっていくため、全体的なスピードが今後重要になってきます。

Search Engine LandがGoogleの担当者に話を聞いたところによると、Googleは “各要素がどの程度重み付けされているか “については議論しないだろうが、”ページエクスペリエンスが悪くても、素晴らしいコンテンツはGoogle検索で上位にランクされる可能性がある “と報告しています。

 

私たちがすでに知っていることとして、速いサイトはすでにGoogleの目に好意的に映っているということ、ページスピードはランキングの要因になっているということが挙げられます。これに関する最新のニュースとしては、2018年にロールアウトされたモバイル向けの「スピードアップデート」があります。

 

また、GoogleのAI「RankBrain」が、ユーザーが検索結果にどのように関わっているかを考慮しているのではないかと疑われています。RankBrainの目的は、検索クエリをより良く解釈し、最も関連性の高い検索結果を提供することです。具体的には、RankBrainは検索結果からアクセスした際のウェブページとのエンゲージメントに費やした時間を見ている可能性があります。

 

コアウェブバイタルは、ユーザーが満足してあなたのサイトに滞在できるようにするのに役立ちます。これにより、ランキングに影響を与えることができます。

 

「Fast Page」ラベルのために、コアウェブバイタル対策の準備を始める

あなたのウェブサイトは、コアウェブバイタルのしきい値を通過する準備ができていますか?もしそうでなくても、あなただけではありませんのでご安心を。Screaming Frogの調査によると、モバイルでは12%、デスクトップでは13%しか評価に合格していません。

Googleは準備のために事前に導入をリリースしています。

2020年8月、GoogleはAndroid版Chromeで「Fast Page」ラベルをChrome 85 Betaからテストすると発表しました

では、どのようにしてウェブページにそのラベルを獲得することができるのでしょうか?

Google によると、「恒久的にコアウェブバイタルのすべての指標のしきい値を満たしている、または超えているページへのリンク」がこのラベルを取得することになります。

(Google は「すべての」コアウェブバイタルと言っていますが、累積的なレイアウトシフトが高速ページのラベルにどのように影響するのかは不明です。私は、これは最初はマイナーな要素であると考えていますが、2021年までは重要性が増していくと考えています)。

google-fast-page-label

「Fast Page」ラベルの表示例

ページエクスペリエンスシグナルがローンチするのは2021年中であるため、Googleは2020年5月に「すぐに行動を起こす必要はない」と言っていたにもかかわらず、コアウェブバイタルをより魅力的なものにしているのです。

結果に「Fast Page」と表示されているサイトは、より多くのクリックを集めることができる可能性があるからです。これは、Googleが2014年に作成した「モバイルフレンドリー」ラベルを彷彿とさせます。

コアウェブバイタルについてのより詳しい情報

今後はコアウェブバイタルの連載を続け、LCP、FIC、CLSのそれぞれの要素にスポットを当て、更新に向けての準備方法について、よくある質問も含めて解説していきます。

 

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)