表現方法と効果

ランディングページのデザインを行う上では多種多様な表現方法を用いることになります。
効果的な表現により成果改善を実現することが可能です。

今回は様々な表現方法の中からいくつかご紹介。

テキスト強調

文字を太くしたり、サイズを大きくしたり、ユーザーへの訴求力を高めるために利用します。
多用しするとメリハリがなくなり逆効果になってしまいます。

大きいフォント
太いフォント

人物写真

人物写真は信頼感や安心感、リアリティをコンテンツに与えることが可能です。
コンテンツと関連性の低いものや品質の低い写真を使用すると逆効果になるので注意します。

アイコン

主にコンテンツのシンボルとして用います。
アイコンがなくても内容をユーザーに伝えることは出来ますが、アイコンを設置することで視覚的にコンテンツの内容を理解しやすくすることが可能です。

ロゴ

そのページを提供している企業のロゴや、提携しているサービスのロゴ、
契約企業のロゴなど様々です。
ロゴを掲載することで信頼感や安心感をユーザーに与えることが可能です。

デザインを表現するうえでは様々なデザイン要素を効果的に用いることが重要です。
ただし、正解のデザインは存在しませんので、トライ&エラーで繰り返しデザインのA/Bテストを重ね成果改善を行うことが大切です。


作ったらそれでおしまい。
ではなく、何度もテストを重ねてより良い成果を生むランディングページを作成することが大切です。

貴社でお使いのランディングページを改善するための代表的なチェック項目を以下にまとめておりますので、ぜひダウンロードして活用してみてください。

弊社ではランディングページの無料簡易分析も承っております。
プロ視点で見た、貴社ランディングページの課題点を発見し、オーダーメイドの分析結果資料をお届けいたします。
詳しくはチェックリストをご覧ください。

いますぐダウンロードしてみる(無料)

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)