【Google広告】獲得数UP!コンバージョン課金導入結果

「CPCが高くなってディスプレイ広告の配信金額が多くなってしまった」
「ディスプレイ広告でもっと獲得増やせないの!?」
日々運用していてこんな困ったはありませんか?

Google広告では2018年12月13日より、
ディスプレイ広告にてコンバージョンに対するお支払いの利用が可能となりました。

とは言うもの「コンバージョンに対するお支払いとは?」と思う方も多いと思います。
今回はそんな方のために、「コンバージョン課金」についてとその導入方法、事例共有まで行います。

■コンバージョン課金制とは!?

通常Google広告ではクリック課金制を用いているものが多いと思います。
クリックされたら費用が発生する。
コンバージョン課金制ではクリックに対する費用ではなく、
コンバージョンに対して費用が発生するということになります。

ということはどれだけクリックが発生してもコンバージョンに結びつかなければ、
費用が発生しないということになるので、
広告運用に従事する方にとっては目からウロコの機能ではないでしょうか。

コンバージョン課金制導入の要件

  • 過去30日間にアカウントのコンバージョン数が100件超えること
  • コンバージョンの90%はクリックしてから7日以内に発生している必要があること

つまり、CPAが1,000円だとしても
月に100,000以上は配信していないと導入ができないということになります。
また、クリックしてから7日以内と言われてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。

コンバージョン課金制の要件の確認

「コンバージョンの90%は7日以内に発生している必要がある。」

普段広告運用している際はあまり気にしないポイントだと思いますが、
グーグル広告の管理画面では「ツールと設定」のところから
確認することができます。

 

1.グーグル広告管理画面の「ツールと設定」をクリック後、赤枠アトリビューションをクリック

グーグル広告のツールと設定

 

2.赤枠「経路の指標」をクリックすることで閲覧することができます。

経路の指標

 

こちらの資料では、平均コンバージョン達成までの平均日数が3.8日となっていますね。
上記はあくまで目安ではあるのですが、
気になった方はぜひ確認してみてください。

設定する際でも要件に満たない場合は設定ができないのでその点ご留意ください。

■導入方法

それでは実際に導入してみましょう。
下記写真の赤枠を参考に導入していきます。
1.導入したいキャンペーンのキャンペーンをクリックする

コンバージョン課金制導入方法

1.赤枠の「設定」をクリックし、設定画面に遷移します。

コンバージョン課金制導入方法

1.赤枠の設定する金額を記載し、支払い対象をコンバージョンと設定する

コンバージョン課金制導入方法

 

こちらで設定が完了となります。
設定自体はそこまで難しくない設定になります。

とは言うものの新しい施策というのは成果が悪くなる可能性もあって怖いですよね。
そんな方のために実際の導入結果を次でご紹介いたします。

■導入結果

コンバージョン課金制導入結果

導入した結果、
費用を多く使ったからというのもあるとは思いますが、
余りCPAを高めることなくコンバージョンの獲得数を伸ばすことができました。

ポイントとしては導入してからクリック率が向上してCPCが下がっている点です。
グーグル広告の自動入札の機械学習として、
よりコンバージョンしやすいクリックを集めようとした結果クリック率が上がっております。

また、コンバージョンにならなければクリックしても課金されないため、
比較的CPCは低くなりやすい傾向にありました。

ただ、コンバージョン課金の設定金額を通常より高く設定する必要があり、
若干CPAが高くなってしまいました。
そのカラクリを次でご説明いたします。

■注意事項

注意事項

まったく表示回数がでなくなる事象!?

コンバージョン課金制であるからにはなるべく低いCPAで獲得できたらうれしいですよね?
そのため通常CPA2,000円で獲得できていたものから1,500円でコンバージョン課金を導入した場合、表示回数が0になったという事象もあります。
そんなに世の中甘くないということです。

ではどのくらいに設定しておくとよいのかについてですが、
通常のCPAの2倍から3倍の設定をしておくと獲得表示回数が出やすくなります。
また、その後コンバージョンの獲得が増えたと同時に一気に表示回数が伸びるという事例もありました。

そのため、最初は怖いと思いますが、
高めのCPAで設定してみて経過観察してみましょう

コンバージョン単価の上限が存在する

夢のようなコンバージョン単価性にも上限がございます。
コンバージョンに対するお支払いを選択したキャンペーンや広告グループでは、
200米ドル(日本円でおよそ20,000円)を超えて設定すると警告がでます。

実際に事例はありませんが、設定金額より高い金額で
過大請求される可能性もございますため、お気をつけください。

1日の予算の2倍を超える可能性がある

通常であれば、1日の予算の設定金額の2倍を超えての請求は基本ないのですが、
コンバージョン課金制の場合は1日の予算の30.4倍した月額に基づいて配信されます。

ですが、これはコンバージョン課金制特有のものになりますため、
導入してから配信が安定するまでは経過観察しましょう

コンバージョンアクションの設定に気を付けましょう

コンバージョン課金制ではコンバージョンアクション、
キャンペーンで設定されているコンバージョンが獲得された際に課金が発生します。
例えば補足情報として設定しているコンバージョンアクションや
マイクロコンバージョンを設定している際でも課金が発生します。

配信する際は上記のようなことを気を付けて配信しましょう

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)