【事例】紳士協定で指名系キーワードのCPCを下げる!

指名系キーワードで競合会社が広告を出稿しているせいで、CPCが高騰している・・・
しかも1位に広告を出すにはCPCを〇〇〇円まで上げて設定しないといけない、、!!
指名系キーワードでよくある悩みです。

今回は指名系キーワードのCPCを下げる方法のひとつと、事例をご紹介します。

紳士協定を結ぶ

競合会社と相互に指名系キーワードを除外

便宜上「紳士協定」という言葉を使いましたが、
要は自社名のキーワードを競合会社が除外設定、競合会社名のキーワードを自社が除外設定
と、お互いに指名系キーワードでの広告出稿を行わないよう設定をします。

相互に除外キーワード設定をすることで、競合会社名での広告表示の機会損失が発生しますが、
一般的にCTR・CVRの高い自社指名キーワードのCPCを下げることができます。

※なかには除外キーワード設定依頼をしても対応いただけない競合会社もいますのでご注意ください

紳士協定を結んだあとの配信結果

CPC改善、CPAも大幅改善

競合会社に除外キーワード設定依頼をしたのち、想定通りCPCは大幅に下がりました。
また、競合が出稿しなくなったことでクリック率も改善し、成果が目に見えてよくなりました。


実際の配信結果

①金融関係(2か月目途中に除外キーワード設定依頼を実施)

表示回数 クリック数 クリック率 CPC CV CPA
1か月目 5,340 684 12.81% \661 15 \30,152
2か月目 5,556 828 14.90% \319 14 \18,883
3か月目 4,970 722 14.53% \128 16 \5,766

②修理業者関係(2か月目初旬に除外キーワード設定依頼を実施)

表示回数 クリック数 クリック率 CPC CV CPA
1か月目 25,164 5,111 20.31% \1,103 746 \7,557
2か月目 25,362 6,506 25.65% \587 1,064 \3,589
3か月目 25,380 6,388 25.17% \601 1,044 \3,678

特に②に関しては、競合会社がCPCを釣り上げていたため、
除外キーワード設定を実施いただき、CPCが約1/2まで下がりました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
さまざまなプロモーションを行い、認知したユーザーが検索するであろう指名系キーワードで、
CPCが高い、競合会社に流れる など機会損失を起こさないよう、
競合会社に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)