【Google広告】本人確認の対応方法まとめ

Google広告 本人確認とは

2020年4月にGoogleから正式に発表された、「広告主の本人確認」というものがあります。
この本人確認を行うことで、広告の持ち主が「実在する会社(個人)である」ことを証明し、広告の透明性を高めることができます。

参考:広告主様の本人確認に関する新しいポリシー(2020 年 4 月)

直近、この動きが活発になっており、各Google広告アカウントに本人確認のお知らせが届き始めています。
そして、この本人確認のお知らせが届いた場合、メールが届いてから30日以内に対応しなければ、強制的に広告が停止されてしまいます。

そうならないためにも、どのように対応すればよいのか?をご説明します。

本人確認のお知らせはいつ届く?

明確に、本人確認のお知らせがいつ届くかは公表されていません。
ある日突然、本人確認のお知らせがメールで届き、管理画面にも通知が届きます。

※実際に届いたメール

このように、いつまでに対応しなければならないのかが記載されています。
なお、本人確認のお知らせが届く前に対応することはできず、お知らせが届いてからようやく本人確認の対応が開始できます。

本人確認には何が必要?

本人確認の対応を進めるにあたり、事前に準備しなければならないものがあります。

・Google広告アカウントの管理者権限
・お支払いプロファイルの管理者権限
・本人確認書類

Google広告アカウントの管理者権限

Google広告アカウントにログインできるアカウントには、5つの権限があります。

アクセス権 メール専用 お支払いとご請求 読み取り専用 標準権限 管理者権限
通知メールやレポートを受信できる
キャンペーンを表示したり、プランニング ツールを使用したりできる
お支払い情報を表示できる
お支払い情報を編集できる
請求レポートを編集、実行できる
メール専用権限を付与できる
ユーザー、管理者、サービス間のリンク設定を表示できる
キャンペーンの掲載結果レポートを編集、実行できる
キャンペーンを編集できる
サービス間のリンク設定を追加または削除できる
アカウントへのアクセスの許可、アクセス権の変更、他のユーザーが送った招待の取り消しを行うことができる
MCC アカウントのリンク リクエストを承認または拒否できる
MCC とのリンクを解除できる
各ユーザーの認証方法と最終ログイン時刻を確認できる

Google 広告アカウントのアクセス権について より引用

本人確認を進めるためには、Google広告アカウントの所有者であることを示す、「管理者権限」が必要となります。

お支払いプロファイルの管理者権限

Google広告アカウントの所有者であれば問題ないのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、本人確認の対応には、「お支払いプロファイルの管理者権限」も必要です。

なぜお支払いプロファイルの管理者権限が必要かというと、「広告主」と「広告費を払う人」が異なるケースが存在するためです。

例)広告配信を代理店に依頼しており、代理店が広告費を立て替えている

このような場合、Googleは本人確認を「広告主」と「広告費を支払う人」両方に本人確認を要請します。

本人確認書類

本人確認書類には、次のいずれかの登録書類をご用意いただき、PDF形式で保管してください。

・組織、法人の身元を確認する書類
会社設立証書または登録証明書
税務署からの書類の抜粋
納税証明書
DUNS ナンバー証明書

・個人の身元を確認する書類
パスポート
運転免許証
永住権カード

参考:広告主様の身元確認に必要な書類要件

組織、法人の身元を確認する書類は、「履歴事項全部証明書」をご用意いただければ問題ございません。30日以内という期限がありますので、オンラインで取得することをお勧めします。

本人確認の進め方

本人確認は「広告主」と「広告費を支払う人」の関係性により、対応方法が大きく3つに分岐します。
Google広告のヘルプページに、それぞれの分岐での詳しい手順が記載されていますので、ここでは自分がどの分岐で進めればよいのか?を解説します。

参考:広告主様の身元確認を完了する

1.インハウスで広告配信を行っている

「広告主として、自分自身または自分の組織の代表者を務めている」の項目を開き、該当する支払方法の内容で進めます。この時に必要なものは、次の3つです。

・Google広告アカウントの管理者権限
・お支払いプロファイルの管理者権限
・本人確認書類

2.代理店に広告配信を依頼している+広告費は自社(自分)が支払い

1.と同じ分岐で進めます。また、必要なものも同じですが、この場合はご自身のGoogle広告アカウントが「管理者権限」ではない場合がありますので、代理店に連絡し「管理者権限」に変更してもらいましょう。

3.代理店に広告配信を依頼している+広告費は代理店が立て替えている

この場合は代理店が「広告主」の本人確認の対応を行います。そのため、ご用意いただいた本人確認書類のPDFを代理店に渡し、本人確認の対応を依頼しましょう。

Google広告 本人確認のまとめ

本人確認を完了させることで、広告配信が停止することを回避すると同時に、実際に配信している広告に、広告主の名前と地域が確認できる項目が追加されます。

この情報により、ユーザーは「実在する会社の広告である」ということが把握できるようになり、広告主の情報に関する透明性を確保することができます。
本人確認の期限が切れ、広告が停止してしまうことがないよう、お知らせが届いたらすぐに対応できるようにしましょう。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)