|  | 

【SEO】モバイルにおけるSEO対策とUXの最適化

モバイルSEO対策とUXの最適化


今日モバイルの利用はデスクトップよりも多くなり、多くのサイトではトラフィックの半分以上がモバイルからのアクセスとなっている。


そのため、モバイルユーザーを満足させることが検索エンジンにとっての最優先事項となっている。GoogleやBingはモバイルフレンドリーになっているかを順位決定の要素にしているし、近い将来にGoogleはモバイルファーストインデックスに移行することも発表している。あなたのサイトはモバイルSEOにおいて必要なことを網羅できているだろうか。


BRIGHTEDGEの調査によると約60%の検索においてモバイルとデスクトップでは異なる検索結果が表示される。理由のひとつとしてモバイルの結果にはユーザーが検索を行う位置情報が大きく加味されることが挙げられる。特に「カフェ」や「コインランドリー」、「この近く」といった地域性の高い検索において、検索エンジンはユーザーが検索を行った位置から近距離に位置するものを検索結果に表示する。


よって、店舗ビジネスを運営する場合、モバイルSEOにおいて最初にやらなければならないことは、ビジネスの位置情報を正しく設定し、Googleに認識させることだ。サイトのメタデータとビジネスのNAP(名前、住所、電話番号)を統一して表記する。そしてGoogleマイビジネスに店舗を登録して、店舗情報が正しく表示されるようにする。


 


適切なモバイルサイト構築方法の選択

より良いUX(user experience ユーザー体験)提供するためには自分のサイトに合わせてモバイルサイトの構築法を選ぶことが重要だ。すべてのデバイスで同じようなコンテンツを提供できていれば、どのようにモバイルサイトを構築したかはさほどモバイルの検索順位に影響しない。最も大きく影響するのはUXとサイトのメンテナンスのしやすさだ。


レスポンシブデザイン


レスポンシブデザインはユーザーのデバイスサイズに合わせてレイアウトや書式を表示しつつ、すべてのデバイスで同一のコンテンツとURLを表示するもので、Googleが推奨しているものだ。表示するコンテンツがひとつしかないのでメンテナンスの手間が少なくて済む。ひとつ懸念点となるのはページの読み込み速度が他の方法でモバイルページを構築したときよりも遅くなる可能性があることだ。


動的配信


動的配信もデバイスに関係なく同じURLを使用するが、ユーザーのブラウザに応じて異なるHTMLを生成する。この構築方法はモバイルユーザーとデスクトップユーザーでサイト訪問の動機が異なる場合や、動画や広告などのサイズの大きなコンテンツをデスクトップユーザーには提供しつつ、モバイルでのUXを損ないたくない場合に適している。


独立したモバイルサイトの構築


この方法ではそれぞれデスクトップ用とモバイル用のHTMLファイルを使用するため、それぞれをメンテナンスしなければならない。この構築方法はモバイルユーザーがデスクトップユーザーとは全く異なるニーズを持つ場合には適するが、サイトメンテナンスの工数は2倍の作業が必要になる。また、正しく設定しないとGoogleによって重複コンテンツと認識される危険性もある。


Googleではそれぞれの方法でモバイルサイトを構築する際のヘルプを提供している。


必ずやるべきこと

モバイルサイトの構築方法に関わらず、モバイルSEOにおいて下記のような項目は必ずやっておくべきである。


モバイルフレンドリー


モバイルでのSEOのパフォーマンスを向上させるにはGoogleのモバイルフレンドリーテストに合格することが基本だ。ページ毎にテストする必要があるので、サイト内の重要なページについてはそれぞれチェックしておきたい。何か修正や対応が必要な場合はテスト結果にその内容が表示される。


モバイル用ページを検索エンジンに認識させる


検索エンジンはHTMLコード内の記述によってモバイル用のページを認識する。レスポンシブサイトは各Webドキュメントの先頭に次のメタタグを挿入して、ページがすべてのデバイスに適応することを通知する。


<meta name = “viewport” content = “width = device-width、initial-scale = 1.0”>


動的配信の形式ではVary HTTP ヘッダーを使用する必要がある。デスクトップサイトとモバイルサイトが独立している場合はrel=”canonical”タグとrel=”alternate”タグを使用してそれぞれのページに対応するURLを認識させる必要がある。


すべてのページをクロール可能な状態にする


原則としてCSSファイル、イメージファイル、JavaScriptファイルなど、ページのレンダリングに必要なリソースをブロックしてはいけない。ユーザーが見ている状態と同じようにサイトを認識することを検索エンジンは望んでいるので、検索エンジンのすべてのエージェントがページリーソースを自由にクロールできるようにしておく必要がある。Google Search Console内のFetch as Google を使えばサイトがどのようにクロールされているかを確認することができる。


より良いUXを提供するためのデザインを設計する


モバイルでの閲覧は端末の画面サイズが小さく、帯域幅が狭いため制限される。よくある間違いやニーズを満たすためのベストプラクティスを確認し、より良いUXを提供できるようにしよう。


モバイルUXの最適化

モバイルSEOの戦略を考えるうえで、UXは最も重要な要素のひとつである。検索エンジンはより質の高いUXを提供したいと考えているため、ページの読み込み速度やデザインはサイトの順位に影響する。


以下はモバイルのUX最適化して、コンバージョン意欲の高いユーザーをサイトに誘導するためのヒントである。


ページの表示速度を最適化する


デスクトップで表示速度が遅いサイトはモバイルデバイスではさらに遅く感じる。このようなUXの低下は順位だけでなくトラフィックとコンバージョンに悪影響を与える可能性がある。モバイルサイトの表示速度低下の主な原因には次のようなものがある。


 


画像


画像のサイズが大きいほどページを読み込むのに時間がかかる。画像の圧縮、画像のサイズ変更、HTMLのタグによる画像の幅と高さの指定などによって画像ファイルのサイズを削減することができる。


動画


動画もまたページの読み込み速度に大きな影響を与える。動画の視聴に支障が出ない程度で、動画の質やサイズを落とし、データの量を減らすようにしたい。動画やその他ファイルをダウンロードさせるときは複数のサイズを用意しておくことでユーザーはデバイスに適したサイズを選択することができる。


ナビゲーションをシンプルでわかりやすくする


スマートフォンでデスクトップ版のページをズームしてそれを再配置したようなモバイルサイトにアクセスしたことがあるだろうか?このようなサイトではユーザーの多くは離脱し、より良いUXを提供する他のサイトに行ってしまうだろう。


モバイル検索では余計なものは排除したほうが良い。下記の点に注意して価値のあるコンテンツのみを掲載するようにしたい。


・モバイルユーザーの視点を念頭に置く


・大きなタップターゲットと明確なナビゲーションで簡単にアクセスできるようにする


・小さな画面上で見やすいフォントと文章を読むのに適したテキストサイズを選択する


オーディエンスのニーズに合わせてコンテンツを調整する


モバイルユーザーの検索意図はデスクトップユーザーの検索意図と異なる場合がある。例えば、中華料理と検索しているモバイルユーザーは、テイクアウトを注文するために電話番号を探しているかもしれない。一方で同じ検索をしているデスクトップユーザーはオンライン注文の機能を探している可能性がある。コンテンツを慎重に設計してユーザーに必要なものを提供することが重要だ。


最後に、モバイルSEOのパフォーマンスを観察することを忘れないでほしい。多くのサイトでは全体のデータのみを気にして、モバイルユーザーとデスクトップユーザー、タブレットユーザーがそれぞれどのような行動をとっているのかを見落としていることがある。よりモバイルフレンドリーなUXを提供するために、モバイルSEOに取り組んでほしい。


※この記事はBruceClay『Step 17: Mobile SEO and UX Optimization』の翻訳を基にしたものです。


関連記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)