|  | 

モバイルアプリ計測AppsFlyerを説明

LINEとモバイルアプリ広告の相性は抜群です。

そんなモバイルアプリ広告の配信をより効果的にするためにはツールの導入が必要不可欠です。

今回は計測ツールの一つでもあるAppsFlyerに関して記事を投稿させていただきます。


dbe580ca407dbfa2ed15f4ce79b0170d_s

はじめに

こんにちは。Webマーケティングカンパニー事業企画部の薮田です。


梅雨も明けついに夏本番!皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はすでに暑さに負けてバテてしまいそうです…

しかし、7月も残すところあと少し

8月はお盆休みでリフレッシュできますので

あと少し頑張ります!

さて、今回は前回投稿させていいただいたLINE広告の第2弾として

モバイルアプリ計測AppsFlyerに関して投稿させていただきたいと思います。


①AppsFlyerとは?

まず初めに「AppsFlyer」とは

モバイルアプリ広告の効果測定及び最適化を図るためのツールの1つで

世界で最も使用されていると言われているSDKであり、イスラエルで開発されたものになります。


AppsFlyerを導入することによって

アプリのインストール計測はもちろんのこと

アプリからの購入数や、売上まで把握することができます。


また、オーガニックやリスティング広告(Adwords、YSS、YDN)、DSP、SNS等

200社以上のネットワークパートナーと提携しており

各プロモーションの効果測定を行うことができます。

なんと、Facebook・Twitterの公式パートナーでもあります。


さらにその効果測定を基にどの媒体にどれくらいの予算を寄せてどう配信するか

などといったプロモーション戦略を立てることが可能です。


②主要項目の説明

では実際に「AppsFlyer」でよく使われている

主要項目の説明をさせていただければと思います。


よく使用する項目は以下3つになります。

—————————————————————-

1.Events

2.アクティビティ

3.提携済みパートナー

—————————————————————-


③Events

Eventsは一番頻繁に使用する項目かもしれません。

オーガニック経由のインストールや広告経由のインストール

さらには広告別(Adwordsなのか、Yahoo!なのか等)のインストール数を把握することができます。

またインストールしたユーザーの売り上げやROIも把握することができます。


BCJブログ_Events

④アクティビティ

アクティビティでは日別ごとのアプリ成果を追うことできます。

表示される項目としては

「DAU(アクティブユーザー数)」

「セッション」

「ユーザーごとのセッション数」

「収益」

「ユーザーごとの収益」がございます。

日別ごとで成果を追えるためプロモーションの開始前後や

アプリ内のイベント開始前後などの比較をすることが可能です。

また、CSVでデータをダウンロードすることも可能です。


BCJブログ_アクティビティ

⑤提携済みパートナー

提携済みパートナーは主に

各媒体のアプリ計測をする際に使用します。

検索窓で仕様する媒体(提携しているパートナー)を検索し

キャンペーン名を入力することでTracking Linkが生成されます。


そのTracking Linkを各媒体のリンク先に設定することで広告のアプリ計測が可能となります。

またここで、CVの計測期間を1日~30日まで選択することができます。


BCJブログ_提携済みパートナー

⑥まとめ

いかがでしたでしょうか?


SDK連携の設定は難しい部分がありますが

アプリ広告の最適化を図るためにはとても重要なツールです。


弊社ではLINE広告のアプリ配信はもちろんのこと

リスティング広告やSNS広告に関してもアプリ広告の実績がございますので

もし興味ございましたら、ぜひお問合せください!!


関連記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)