iPad版PhotoShopでできること

2019年にAdobe社からリリースされたiPad版PhotoShop。
PCと違い、場所を選ばずにPSD編集が可能になりました。
PC版PhotoShopに長年馴染んできたユーザーにとって、iPad版PhotoShopはどうなの?と思うことでしょう。

ここでは、iPad版PhotoShopでできることをご紹介します。

PSDファイルをそのまま編集可能

一番気になるのは、PCで編集したPSDファイルをiPadでも編集できるのか?ということ。
iPad版ではPC版で編集したファイルをそのまま編集可能です。もちろん、レイヤー構造やPhotoShopの多くの機能がPC版と同じです。

iPadならではの直感的な操作が可能

iPad版ではタップやスワイプなどでの操作や、ApplePencilを使って手書きができ、直感的な作業が行えます

クラウドストレージに保存してどこでも編集

AdobeのクラウドストレージにPSDをファイル保存すれば、PCで編集したPSDをiPadでいつでも編集可能になります。

iPad版では、上述したようにApplePencilを使った細かい操作が可能なため、クイック選択を使った被写体選択や写真加工、レタッチなどを行う際に活躍が期待できます。

iPadとPCの連携で効率的な作業環境を実現できることでしょう。


作ったらそれでおしまい。
ではなく、何度もテストを重ねてより良い成果を生むランディングページを作成することが大切です。

貴社でお使いのランディングページを改善するための代表的なチェック項目を以下にまとめておりますので、ぜひダウンロードして活用してみてください。

弊社ではランディングページの無料簡易分析も承っております。
プロ視点で見た、貴社ランディングページの課題点を発見し、オーダーメイドの分析結果資料をお届けいたします。
詳しくはチェックリストをご覧ください。

いますぐダウンロードしてみる(無料)

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)