2019年のWordPressおすすめSEOプラグイン

WordPressは、無料の使いやすいコンテンツ管理システムです。1人のブロガーから世界の大手ブランドまで、様々な人にカスタム可能で強力なウェブサイトを作成するためのプラットフォームを提供しています。全Webサイトの3分の1近くがWPで運営されているのも当然といえます。

WordPressは検索エンジンやSEOのためではなく、ユーザーのために作られました。それが、SEOプラグインが存在する理由です。あなたのコンテンツが検索エンジンによってインデックスされ、検索者によって発見されやすいように、追加する機能です。

マーケティング担当者、コンテンツ作成者、またはアナリストとして、あなたのサイトに最適なSEOプラグインをどのように選択しますか。ここでは、6つのプラグインの機能と価格比較表を提示します。

  1. Yoast SEO
  2. All-In-One SEO Pack
  3. SEO Ultimate
  4. SEO Squirrly
  5. SEOPressor Connect

プラグインには無料版とプレミアム版の両方が存在します。プレミアムバージョンはより多くの機能とサービスが利用可能となります。必要に応じて両方のバージョンに説明します。

Yoast SEO

Yoast SEOは最も人気のあるSEOプラグインです。シンプルなユーザーインターフェースで操作が簡単です。ほとんどの人が無料版を使っています。

以下が無料版のプラグインページで提供されているものです。

  • XMLサイトマップを自動生成できるボタン
  • サイト内のパンくずの制御
  • 重複コンテンツを避けるための正規のURLの設定
  • タイトルとメタディスクリプションのテンプレート
  • SEOに最適なテキストを書くためのコンテンツとSEOの分析
  • 検索結果表示画面におけるページのスニペットのプレビュー(モバイル版含む)
  • 基礎機能と内部リンク機能による、サイト構造の最適化
  • Google Search Consoleとの統合
  • Yoast SEOプラグインへのアクセス権限の管理
  • サイトの一括編集

強み:主要なプラグインとして認知度が高いです。使いやすく、ほとんどの場合、無料版で十分です。

弱み:汎用的であり、ある特定の1つの業界用に作られていません。その結果、SEOの推奨事項が一般的なものとなってしまうことがあります。さらに、使い方はかなり簡単ですが、機能に関しては初心者にとっては使用しづらいかもしれません。

インストール数:500万以上

Word Pressにおける評価:5

YoastSEOの有料版

Yoastは年会費が1サイトの89ドルから15サイトの756.50ドルまでのプレミアムバージョンを提供しています。プレミアムバージョンで追加される機能は以下の通りです。

  • ニュースSEO、ビデオSEO、ローカルSEOおよびWooCommerce SEO拡張
  • プレミアムユーザーは1年間無料でサポートチームにアクセス可能
  • コンテンツとキーワードの一致度が分かるInsightsツール
  • 同義語および関連キーワード対策
  • 自動内部リンク提案
  • FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークでのページのプレビュー
  • 削除されたページや変更されたURLを簡単にリダイレクトするリダイレクトマネージャー

All-In-One-SEO Pack

All-In-One SEO PackはSEO初心者のための入門レベルの機能を提供します。高度な機能と開発者向けのAPIもあります。

以下は無料版のプラグインページで利用できる機能です。

  • XMLサイトマップの作成
  • GoogleとBingへの画像XMLサイトマップの作成
  • Google AMPのサポート
  • Google Analyticsのサポート
  • カスタム投稿タイプ機能におけるSEOサポート
  • 高度なcanonicalの設定
  • 添付ファイルページの元のページへのリダイレクト設定
  • 検索エンジンへのサイト変更の自動通知
  • API 内蔵(他のプラグインとの連携による機能拡張が可能)
  • WooCommerceを含むECサイトとのSEO連携
  • ナンスセキュリティ組み込み済み
  • 検索エンジン用のタイトル自動最適化
  • メタタグの自動生成
  • WordPressブログにおける典型的な重複コンテンツの回避
  • SEO最適化の微調整
  • 任意のタイトルの上書きとメタディスクリプション・キーワードの設定
  • 他のプラグインとの互換性
  • 57の言語での展開
  • PHP 7との完全な互換性

強み:主要なプラグインとして認知度が高いです。また、使用しない機能をオフにすることができます。

弱み:汎用的であり、ある特定の1つの業界用に作られていません。ユーザーインターフェースが使用しにくい、初心者にとっては複雑でわかりにくいという人もいます。

インストール数:200万以上

Word Pressにおける評価:4.5

All-In-One SEO Packの有料版

All-In-One SEO Packは年会費が個人用の97ドルから代理店用の699ドルまでのプロバージョンを提供しています。プロ版の追加される機能は以下のとおりです。

  • WooCommerceの高度なサポート
  • カテゴリ、タグ、カスタム分類に関するSEOサポート
  • 動画SEOの構成要素のモジュール化
  • 動画スクリーンキャストへのアクセス
  • プレミアムサポートフォーラムへのアクセス
  • ナレッジセンターへのアクセス

SEO Ultimate

SEO UltimateはオールインワンタイプのWordPress SEOプラグインの中でもしっかりとした機能があります。以下の各機能の詳細については、プラグインページをご覧ください。

以下は無料版のプラグインページで利用できる機能です。

  • タイトルタグの書き換えとメタディスクリプションの編集
  • ディープリンクの自動設定
  • Open Graphデータの自動生成
  • リッチスニペットの作成
  • 著者情報の設定
  • ページの評価を受け渡さないリンクの生成
  • canonical設定
  • 404モニター
  • パーマリンク調整
  • meta robotsタグの編集
  • 機能のウィジェット化
  • プラグイン設定の管理
  • HTMLコードの作成
  • .htaccessの編集とrobots.txtなどのファイルの編集
  • 共通リンク部分の挿入
  • メタキーワードの自動生成と編集
  • アンカーテキストの最適化
  • nofollowの管理(ほかのSEOプラグインから移行する際に設定を維持可能)
  • 複雑な情報を整理する「タブ」機能
  • ソーシャルプラグインの作成
  • ページのURLにおける接続語の削除
  • 検索エンジンのウェブマスターツールへのアクセス

強み:機能がしっかりとしています。また、他のSEOプラグインを含む外部のソースからデータをインポートおよびエクスポートする機能があります。

弱み:WordPress用の無料版はすでに更新されていません。高度なツールのため、最大限に活用するにはトレーニングが必要となります。

インストール数:10万以上

Word Pressにおける評価:4

SEO Ultimateの有料版

SEO Ultimate +の年会費は1サイト49ドルから20サイト249ドルとなります。500ドル支払うと使用できるサイト数は無制限です。SEO Ultimate +で追加される機能は以下のとおりです。

  • 構造化データ、suchema.org、リッチスニペットの設定
  • サイト全体のcanonical設定
  • Alt属性の一括編集
  • SNSのOGP改善
  • コードの挿入とモジュール化
  • HTMLサイトマップとXMLサイトマップの作成
  • ページネーションの最適化
  • SEOデータの移行

SEO Squirrly

SEO SquirrlyはSEOアドバイザーになることを目的としたSEOプラグインです。

以下は無料版のプラグインページで利用できる機能です。(各機能の詳細についてはプラグインページをチェックしてください)

  • キーワード調査
  • SEO Live Assistant
  • コンテンツマーケティングのサポート
  • キーワード戦略アシスタント
  • Twitterカードの設定
  • 画像とビデオの両方に対応するFacebookのOGPのサポート
  • よりシェアされやすいLinkedInのタイトル、画像、説明文の作成
  • Pinterestのリッチピンの設定
  • スニペットのプレビュー
  • タイトルとメタディスクリプションの編集
  • サイトマップの作成
  • ブログフィードの設定
  • SEO設定
  • パフォーマンス分析
  • 複数のサイトでの動作
  • ページをより長く見てもらうためのリサーチツール

強み:機能がしっかりしています。たとえば、フォーカスページ機能ではGoogleであるページのランキングをあげるために行うべきタスクを識別することができ(プロ版では最大5ページまで可能)、一括設定を使用すると、ユーザーはSEO設定をまとめて適用できます。さらに、WooCommerceのeコマースプラグインでもうまく動作します。

弱み:1つのサイトで投稿が月に5回以下の場合、無料版で十分です。それ以外の場合は、有料版にアップグレードする必要があります。検索エンジンのランク追跡などの無料版に存在した機能の一部は、現在は有料版の機能となっています。

インストール数:3万以上

Word Pressにおける評価:4.5

SEO Squirrlyの有料版

SEO Squirrlyのプレミアムバージョンは、プロ用で29.99ドル、ビジネス用で71.99ドルの月額料金がかかります。プレミアムバージョンで追加される機能は以下のとおりです。

  • 7サイトまで利用可能
  • SEO Live Assistantへのフルアクセス
  • 記事の完全最適化
  • 何百ものキーワードの調査
  • フリー画像、ツイートの検索・挿入、Wikiの検索・挿入、ニュースの検索・挿入、ブログ記事の検索・挿入
  • 高度なサイト分析
  • 毎週数百ページの監査

SEOPressor Connect

私の考えでは、SEOPressor ConnectはこれらのSEOプラグインの中で最も先進的です。

これは有料プラグイン(月額9ドル)で、以下がその機能の一部です。

  • 複数キーワード分析
  • XMLサイトマップの作成
  • 過剰な最適化のチェック
  • 正規リンクの設定
  • 進化した共起語エンジン
  • 301 URLリダイレクト
  • コンテンツがキーワードに関連しているかどうかを判断するSemantiQ密度分析
  • クローラー制御の設定
  • SchemaとDublinのマークアップサポート
  • サイト監査
  • ローカルSEO対策
  • SEOパフォーマンスの確認
  • Google Knowledge Graphの利用
  • サイト内ページの最適化の確認
  • ホームページ設定
  • リンク管理
  • ページのメタ設定のサポート
  • アウトバウンドリンクの動作の制御
  • Facebook Open Graphのカスタマイズ
  • 自動スマートリンクの設定
  • Twitterカードの設定
  • SEOpressorのアクセス権限の管理

強み:複数のドメインで使用でき、他のSEOプラグインとの互換性があります。多くの人はユーザーインターフェイスが使いやすいと感じています。

弱み::独自のスコアを計算して経時的に追跡しますが、パフォーマンス分析データや検索結果との関連性はありません。これは、コンテンツの実際の検索エンジンでの掲載状況を反映していないため、そのスコアが誤解を招く可能性があることを意味します。

有効なインストールと評価:このプラグインはWordPressのプラグインディレクトリには表示されないため、このデータは利用できません。

各ツールの比較

以上の5つのWordPress SEOプラグインの機能を理解できたかと思います。簡単な価格比較チャートも参考にしてみてください。

プラグイン 無料版の

有無

有料版の価格 ソフトウェアのような機能 利用可能なドメイン数
Yoast SEO $89 to $756.50/年 × 1 ~15
All-In-One SEO Pack $97 to $699/年 × 無制限
SEO Ultimate $49 to $500/年 × 無制限
SEO Squirrly $29.99 to $71.99/月 1 ~7
SEOPressor Connect × $9/月 × 無制限

まとめ

いかがでしたでしょうか?

上記記事の前編は以下から確認が可能ですのでご参考いただければと思います。

WordPressの場合SEO上よくないのではないかという声もいただくこともありますが、しっかりとした設計やプラグインによる調整、そして有用なコンテンツがあれば決してそのほかの作り方に劣ることはありません。

上記を参考にSEOに強いWordPressの構築を目指してください。

※この記事はBruceClay『The Awesome List: WordPress SEO Plugins』の翻訳を基にしたものです。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)