類似ユーザー配信の類似度調整(YDN)

概要(類似ユーザー配信)

2018年8月8日(水)より、YDNのサイトリターゲティング機能における
ターゲットリスト(類似)の類似度の調整が出来るようになります(予定)。

類似度とは

類似度とはその名の通り、類似の度数になります。
サイズは10段階に別れ、1の場合は最も類似度が高いユーザーに配信。
10の場合は類似度が低いユーザーも含めて、幅広いユーザーに配信されます。
サイズが10に近づくほどリーチ数は増加します。

YDNの類似ユーザー配信で期待したパフォーマンスが得られずに
配信停止の判断をされた広告主の方達には朗報ではないでしょうか。

とりあえず、類似度が高いユーザーに対して配信をして、
成果結果に合わせて類似度を広げていくという運用管理をすることで、
効率的な獲得数の増加が期待できそうです。

類似リストの上限数変更

本変更に伴い、アカウント単位のターゲットリスト(類似)の
作成上限数が10から100に引き上がるようです。
正直100まで必要なのかという印象を持ちましたが、多い分には問題ないですね。

また、基となるターゲットリストから作成できる
ターゲットリスト(類似)の数も現在の1から10に引き上がります。

これは類似度調整をした際に、同時に配信できるという管理ができるので都合が良さそうです。
例えば、CVユーザーの類似リストに対して、類似度1と類似度5を
両方配信することも出来るという事ですね。

但し、類似度5には類似度1のユーザーも包括されると思われるので、
厳密に分けたい場合は除外設定が必要になりそうです。

最後に

Google広告でも潜在層、準顕在層に向けてのアプローチとして
ディスプレイ配信を積極活用する取り組み(3A)を推進しています。
YDNでもこのような動きを取り入れやすいローンチは嬉しいお知らせですね。
積極的に取り入れて、広告パフォーマンスの向上を図りたいです。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)