ヒートマップツール「Clarity」をGoogleAnalyticsに連携する方法

Clarity

Microsoftが無料で公開したヒートマップツール「Clarity」ですが、GoogleAnalyticsとの連携が可能です。

連携することで、GoogleAnalyticsのカスタムディメンションを利用してGA上でClarityで取得したデータを参照できるようになり、コンバージョンユーザーのページ上での動きを動画で確認できるなど、便利な使い方ができます。

そこで今回はClarityとGoogleAnalyticsの連携方法を解説します。

ClarityでのGoogleAnalytics連携手順

 

まずはClarityの管理画面にログインし、メニューの中から「Setting」を選択します。

Clarity 管理画面

 

「Setting」のページで、サイドメニューの「Setup」という項目を選択します。

ページ下部に「Google Analytics integration」というセクション内の「Get Started」というリンクをクリックします。

Clarity GA連携

 

リンクをクリックすると、Googleアカウントが一覧で表示されるので、連携したいGAデータを管理しているアカウントを選択してください。

GA連携 アカウント選択

 

選択すると情報提供について確認するポップアップが表示されますので、それぞれ「許可」を選択します。

 

全て許可すると「Setup」の画面上に「Active」のアイコンが表示されますので、これで連携作業は完了です。

連携を停止したい場合はアイコンをクリックすると中断されるようになっています。

連携完了

 

GAのカスタムディメンションで「Clarity Playback URL」という表示が確認できれば連携成功です。

反映までに少し時間がかかるようなので、時間をおいてから確認してみてください。

さいごに

ツールの連携や設定は手間がかかるものが多いですが、ClarityとGoogleAnalyticsの連携は簡単にできますので、ぜひ興味のある方は試してみてください。

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)