PcBanner SpBanner

【広告の効果測定に欠かせない】URLパラメータとは?基本概念から活用方法まで解説

2024.06.27 2023.09.20 

【広告の効果測定に欠かせない】URLパラメータとは?基本概念から活用方法まで解説

ウェブ施策を考える上で、現状の広告の成果を理解することは大切なことです。
今回は流入元を知り現状理解のために役立つ、URLパラメータについて紹介していきます。

URLパラメータとは?

URLパラメータの基本概念

URLパラメータとは、サイトに訪問したユーザーの流入元を正確に把握するためにURLへ付与する文字列のことです。クエリパラメータとも呼ばれます。
どのキャンペーンからか、どのコンテンツからかなどといった情報をURLの後ろに「?」から続けて末尾に表記します。

urlsample

URLパラメータを利用することで、ユーザーがどの広告から流入してきたのか測定することが可能になり、広告の成果をより詳細に計測することができます。

URLパラメータの種類

URLパラメータにはアクティブパラメータとパッシブパラメータの二種類あります。本ブログではパッシブパラメータについて解説します。

パッシブパラメータ

パッシブパラメータとは、付与したURLパラメータによって流入情報を正確に測定するものです。アクティブパラメータと違ってサイトの見た目は変わりませんが、このパラメータによりGoogle Analyticsなどで解析することができます。
広告の効果計測にはこちらが使われています。

アクティブパラメータ

アクティブパラメータとは、付与したURLパラメータの値に伴ってコンテンツが異なって表示されるパラメータのことです。

アクティブパラメータ

図の右側のように、URLの後ろにアクティブパラメータをつけることで絞り込みをした後のコンテンツを表示します。主にECサイトなどで使われ、商品を検索する際のフィルター機能を使って表示されたページに付与されています。

Google AnalyticsのURLパラメータ一覧

代表的なパラメータとして「utmパラメータ」をご紹介します。「utmパラメータ」とは、Google Analyticsで使用されるURLパラメータの名称です。

種類 名称 用途
utm_source 参照元 ウェブサイトや媒体名 google、instagram
utm_medium メディア 広告メディアやメディアを識別 cpc、display、email
utm_campaign キャンペーン 広告・施策のキャンペーンの名称 summer-sale
utm_term キーワード 検索広告で設定されているキーワード t-shirt、dress
utm_content コンテンツ名 クリエイティブごとの名称 banner_a

参照:カスタム URL でキャンペーン データを収集する – アナリティクス ヘルプ

「utm_source」「utm_medium」「utm_campaign」は設定が必須ですが、「utm_term」、「utm_content」は設定は任意です。

URLパラメータの活用方法

URLパラメータをサイトのURLに付与することで、どの広告の成果が良いのかを測ることができます。例えば、上記一覧に載っている参照元、メディア、キャンペーンのURLパラメータを付与したとしましょう。例として以下のURLが表示されます。

http://bcj-123.jp/?utm_source=google&utm_medium=display&utm_campaign=bcj123

この場合、以下の流入情報がわかります。

  • utm_source=google: Googleからの流入
  • utm_medium=display: ディスプレイ広告からの流入
  • utm_campaign=bcj123: 「bcj123」というキャンペーンからの流入

このようにURLパラメータを付与することで、どの参照元・メディア・キャンペーンから流入してきたかを把握することができます。さらに「utm_term」や「utm_content」のパラメータを付与することで、より正確にどの広告が成果につながったのか把握することができ、広告の成果の分析などに活かすことができます。

URLパラメータの設定方法

手動で入れる方法は以下になります。

  1. URLの後ろに「?」から始める
  2. パラメータの名前と、パラメータの値は「=」でつなぐ
  3. パラメータとパラメータは「&」でつなぐ

これで完了です。

また、ツールを使って作成することもできます。
campaign_url_builder

参照:Campaign URL Builder

こちらはGoogle Analyticsが提供するCampaign URL Builderというツールです。
画像でマークしている箇所に情報を入力するだけで簡単にURLパラメータを付与したURLを作成することができます。

URLパラメータをミス無く付けられて、短い時間で作成できるためおすすめのツールです。

URLパラメータ設定の際の注意点

正確に計測するために、URLパラメータの設定時に気をつけるべき点を紹介します。

記載が正確にされているか確認

上記のURLパラメータの設定方法でも記載した通りのルールを守る必要があります。

必須である「utm_source」「utm_medium」「utm_campaign」は必ず入れ、「?」や「&」は必要のないところにいれていないか確認しましょう。
複数のパラメータを付ける場合は「&」でつなぐことができます。

URLパラメータには半角英数字を用いる

URLパラメータには半角英数字を使いましょう。日本語などを使用すると文字化けしてしまってうまく計測ができなくなってしまうおそれがあります。
全角や特殊文字を使うことは避けましょう

リダイレクトされる際に注意

他のページにリダイレクトされるように設定されている場合は、リダイレクト先のページではパラメータが外れてしまいます。どのページからの流入かわかるように、リダイレクト先にパラメータ情報の引き継ぎが行われるように設定しておく必要があります

検索エンジンに重複コンテンツと認識されないように注意

URLが異なる場合、同じページを表示していても検索エンジンは異なるページと認識されてしまう可能性があります。
重複ページと認識されてしまうと、SEOにおける評価に悪影響を与えてしまい、注力したいキーワード等の順位低下につながってしまうこともあるため、しっかりと対策しておくことが重要です。

「canonicalタグ」によりURLの正規化をすることで、同じページであることを示し、評価の分散を防ぐことができます。

canonical(カノニカル)タグとは?URLの正規化で評価の集約をしよう
canonical(カノニカル)タグとは?URLの正規化で評価の集約をしよう
canonical(カノニカル)タグというタグをご存知でしょうか? ユーザーの目に触れるようなhタグや、タイトルタグとは異なり、検索エンジンのためのタグです。 .....

流入元をGoogle Analyticsで確認する方法

Google Analyticsで流入元を確認する方法をご紹介いたします。

  1. ホーム画面の左にあるレポートをクリック

    ga41

  2. 「集客」配下の「トラフィック獲得」をクリック

    ga42

  3. 「セッションのデフォルトチャネルグループ」をクリックするとタブが出てくるので、「セッションの参照源/ メディア」をクリック
  4. 以下のような形で流入元を確認することができます。

     

    ga43

    例えば、図の1番の「google/ cpc」はGoogleの検索広告から流入してきたということです。

まとめ

今回は付与することで流入経路を解析することのできるURLパラメータについて解説しました。広告の成果を把握するために有効なので、施策を考えるのに役立ちます。

広告の成果を最大化させるために、是非ご活用ください!

img
SEOコンサルタントチーム

SEOコンサルタントチーム

さまざまな業種業態のサイトのSEO対策の経験を経たSEOコンサルタントがSEO対策におけるお役立ち情報を発信します。 ”SEO”の生みの親であるブルースクレイからローカライズした内部施策をはじめとするSEOのノウハウをわかりやすくお届けします。

BCJメールマガジンのご登録

最新のセミナー情報やお役立ち情報をメールにてお届け致します!

デジタルマーケティングのお悩み
お気軽にご相談ください!

お急ぎの方はお電話ください

03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)

メールでのお問い合わせはこちらから