SEOチェックリスト(2020年アップデート版)前編

SEOチェックリスト

検索エンジン最適化(SEO)は進化するものです。そのため、検索エンジン向けにウェブサイトを最適化する際には、最新の情報を手元に置いておくことが重要です。

このチェックリストでは、顧客と検索エンジンの両方があなたのサイトを見つけて利用するために改善するべき項目を紹介しています。

SEOチェックリストは下記の6項目に分けて作成しています。

  • コンテンツの最適化
  • 内部最適化
  • ローカル検索最適化
  • モバイル最適化
  • サイト全体の最適化
  • ウェブマスター向けツール

 

今回の記事では「コンテンツの最適化」「内部最適化」の項目について解説していきます。

※この記事はBruce Clay Inc. の「The Always Up-to-Date SEO Checklist」を抄訳したものです。

コンテンツの最適化

Googleが公表した時にはすでに多くの人が知っていたことですが、コンテンツは数百あるランキングシグナルの上位3つのうちの1つです。他に何もしなければ、コンテンツ戦略はオンラインでの成功に欠かせないものです。

1.ターゲットユーザーの調査

ターゲットユーザーや、彼らが持っている疑問、悩みを知ることはとても重要です。彼らがどのような問い合わせをしているのか、Googleにどのようなクエリで検索しているのかを知ることで、キーワード調査に役立ちます。

これをすることにより、彼らの疑問、抱える問題を解決するコンテンツを作成することができるようになります。

(1ページにつき1つのメインキーワード(トピック)を決め、このコンテンツのベースとして使用しましょう。)

検索ユーザーの意図を理解することは、コンテンツを作成する上で重要なステップです。ターゲットユーザーが抱くであろう典型的な質問に答えるコンテンツを用意することも、音声検索クエリであなたのページを見つけてもらうのに役立ちます。

2.キーワードの選定・調査

キーワード調査は、継続的に行う必要があります。まずは、自分が書きたいトピックのためのメインワードを選定することから始めましょう。

メインワードが決まっている場合は、実際にGoogleでそのワードを検索し、検索結果の上位や、「他の人はこちらも検索」の欄に表示されるフレーズ、検索結果ページの残りの部分を見てみましょう。

この検索結果は、質問に対する検索ユーザーの意図が実際に何であるかを知るための最良の手がかりを提供してくれます。自分のコンテンツはユーザーが求めているものを満たしているかどうか確認しましょう。またはコンテンツに対してより適切なキーワードフレーズを探しましょう。

3.強調スニペット

キーワード調査をしていると、ターゲットとしているキーワードのGoogle検索結果の上位にスニペットが表示される場合があります。

このように質問タイプのクエリに対する回答を提供できている場合は、強調スニペットとして表示されるチャンスがあります。

強調スニペット枠に表示させるには、スニペットの種類(ビデオ、テキスト、リスト、表、画像など)に応じてコンテンツを最適化する必要があります。(詳しくは下記の「データの構造化」を参照)。

テキスト用に最適化している場合は、競合調査を行うことで、強調スニペットの典型的な長さを見つけることもできます。

4.文字数

ページに必要なコンテンツの量は、トピック、キーワード、競合、クエリの意図によって異なります。

まずクエリには下記のように大きく3つのタイプがあります。

検索クエリの主なタイプ

1.トランザクショナルクエリ

これらのクエリは、ユーザーが何か明確な行動を使用とするときに発生します(購入・問い合わせ・ダウンロードなど)。例えば、製品の正確なブランドやモデルを検索することは、購入の意思を示唆しています。

2.インフォメーショナルクエリ

これらは情報収集を行うときに使用されるクエリです。人々は何かを購入する前などにリサーチを行うことがよくあります。例えば、「最高の電動歯ブラシ」という検索は、検索者が近い将来に電動歯ブラシを購入する可能性が高いことを示しています。

3.ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリは、オンラインでもオフラインでも、ユーザーが特定のどこかにたどり着くために使用するクエリです。例えば、レストランの名前を検索すると、そのレストランのウェブサイト、電話番号、住所などが表示されます。

何文字書けば十分かという明確なルールはありません。おおよそのコンテンツボリュームを定めたい場合には、ターゲットとしているキーワードの上位のページを見てみるのがよいでしょう。

上位の競合他社をのコンテンツ量を平均化することで、検索エンジンがそのトピックにおいてスタンダードと考える目安を知ることができます。

質の高いコンテンツはSEOチェックリストの中でも鍵となる重要な項目です。Googleのパンダアップデートは、現在コアアルゴリズムの一部となっており、低品質のコンテンツを検出し、その順位を下げます。

内容の薄いコンテンツをむやみに作るのではなく、ターゲットトピックに関する情報をしっかりと網羅し、サイトがそのトピックにおいて専門性が高いことを示しましょう。

5.CTA(Call to Action)

それぞれのページについて、ユーザーがここから何をする必要があるのかを自問自答しましょう。そしてその行動が簡単に実行できるようにしましょう。

主要ページでは、訪問ユーザーが次に取ることができる主な行動を明確にしておかなければなりません。

  • 製品ページでは、CTAが目立つようにしましょう(例:「カートに入れる」や 「無料トライアルを始める」)。

 

  • サービスページでは、CTAは 「電話で問い合わせる」や 「見積もりを取る」などが考えられます。CTAを明確にして選択しやすくしましょう。

 

  • トップページでは、訪問者がコンバージョンファネルの次のステップに進むのを手助けしましょう。

CTAの文言は能動的でなければなりません。CTAの配置とデザインは、ユーザーの注意を引くべきです。しかし、何が最適なのかを確かめるために、色々なパターンをテストしてみてください。

また、コンテンツは直接的にアクションを喚起するものである必要はありません。よくある質問に答えるブログ記事やFAQページのように、情報ページのパフォーマンスが良い場合のアクション喚起はユーザーに「もっと知りたい」と思わせるか、コンバージョンファネルに入るように促すことかもしれません。

6.コンテンツの新鮮さ

定期的にコンテンツを見直し、情報が最新であることを確認しましょう。

このSEOチェックリストも定期的に更新しています。SEOのベストプラクティスは、検索エンジンのガイドラインや技術の進歩に合わせて進化していかなければなりません。

あなたの業界の動きが速いのであれば、あなたのコンテンツもそれに追いつく必要があります。

7.トップページの静的コンテンツ

トップページは内部リンクを介してサイト内の主要ページに誘導するためのハブとして機能します。また、ブランドや主要な製品/サービスを検索するときに最も頻繁にランディングする場所でもあります。

トップページには、ブランドや主要テーマについて説明するテキストを掲載することが重要です。

見出し以外何もなく、常に変化するようなコンテンツのみで構成した場合、サイトのテーマ性が弱くなる可能性があります。そのため、トップページでは静的なコンテンツを盛り込むようにしましょう。

8.重複コンテンツ

自社のコンテンツがウェブ上の他の場所に存在していないか検索してみてください。CopyScape.comを活用して、定期的にチェックすると良いでしょう。

あなたのサイトが他のソースからコンテンツをコピーしているように見える場合、それは検索エンジンにとって低品質となるうるシグナルであり、順位を下げる原因になるかもしれません。

同様に、他のサイトがあなたのコンテンツをコピーしている場合も、SEOの観点から問題になる可能性があります。

同じ内容のURLが3つあるなど、サイト内に重複したコンテンツがある場合、検索エンジンは重複したものをフィルタリングします。関連するクエリの結果には1つだけが表示されますが、Googleが選んだページは、あなたが表示させたいページではないかもしれません。

解決策のひとつとして、canonicalタグを使用して、どのバージョンがインデックスされるべきかを検索エンジンに伝えるという方法があります。

内部最適化

トップページから優先度の高い商品ページまで、重要なページごとにこのチェックリス使って見直してみましょう。

9.title タグ

SEOでは、titleタグは重要なタグであり、上位表示したいキーワードを含めることを常に強調してきました。

一般的に、titleタグは30字前後で構成するべきです。各ページのmeta titleがユニークで、そのページに関する最も重要な情報を記述していることを確認しましょう。

検索結果上で省略されない位置に主要キーワードを使用してください(Googleの場合はスペースを含めて約60~70半角文字です)。

titleタグは、検索ユーザーが検索結果で見るタイトルになることが多いということを覚えておいてください。

タイトルと説明文の両方が、サイトのクリック率に影響を与える可能性があります。そのため、ユーザーにとって魅力的なタグを作成するようにしましょう。

10.description タグ

titleタグ同様、meta descriptionタグにも重要な情報やキーワードを冒頭付近に盛り込む必要があります。検索エンジンが記述テキストを表示することを選択した場合、160文字(半角)程度が表示されます。

Googleは、meta descriptionを重要なランキング要因とは考えていないとしていますが、個人的にはGoogleの検索結果画面に表示されるものはすべて重要だと思っています。なぜならそれらはユーザーのクリックを誘導するのに役立つからです。

Googleはmeta descriptionのテキストを、ページの本文をもとに自動生成したスニペットに置き換えることがよくあります。

検索スニペットは、Googleが検索に関連性が高いと判断した場合、meta description記述の代わりに表示されます。これはmeta descriptionにキーワードが含まれていない場合によく見られます。

11.見出しタグ

見出しは、読者がページの主要なセクションとポイントを伝えるものです。本文の内容がどのように構成されているかを視覚的に示す手がかりとなります。

また、検索エンジンや読者にページ内でどのようなトピックが取り上げられているかを知らせることもできます。

技術的なポイントとしては、ページの本文内の最初の見出しタグが<h1>であることを確認してください。

次の見出しタグは<h2>, <h3>, <h4>などとすることができ、ページの目次のように使用します。1つのページに複数の<h1>があっても構いません。

また、フォントサイズを調整するために見出しタグを使用しないように注意してください。本来見出しはコンテンツの階層を記述するためのものであるため、検索エンジンを混乱させる可能性があります。

ナビゲーション要素やその他のグローバルテキストは、見出しタグではなくCSSでスタイルを整える必要があります。

12.画像の最適化

コンテンツにはテキストを分割し、読者の興味を引きつけるための視覚的な要素が必要であり、画像はとても有効なフォーマットです。

また、画像検索など、画像を有効活用することによって上位表示の機会が増えます。

画像によってはページの読み込み時間が遅くなる可能性があります。

ファイルサイズを小さくし、可能な限り高速化するには、元のファイルをアップロードしてブラウザに縮小させるのではなく、表示サイズに合わせてファイルのサイズを変更します。

また、画像タグに幅(width)と高さ(height)の属性を含めるようにしてください。

 

BCIでは、WEBPの画像フォーマットを自動的に対応ブラウザに提供するプラグインを使用しており、画像サイズを約50%縮小しています。ページサイズを小さくし、ページ読み込みを高速化することで、SEOパフォーマンスを向上させることができます。

ファイル名は画像の内容がわかるようなフレーズを記述し、可能であればキーワードを含めるようにしましょう。

また、キャプションや画像周辺のテキストを最適化することで、画像が何についてのものであるかを強調することができます。

13.Alt属性

画像には必ずalt属性を設定しましょう。画像には必ずalt属性を設定しましょう。

米国障害者差別禁止法(ADA)では、画像がコンテンツの正確な理解につながる場合には、視覚障害者のために画像の内容を説明するとしています。 そして、コンプライアンス違反は重大な罰金やペナルティにつながる可能性があるため、慎重に取り組む必要があります。

アクセシビリティは、ユーザーにとってもGoogleにとっても重要です。Googleによると、alt属性を最適化することは、あなたのサイトがアクセシブルであることを示す主要な指標となります。

SEOチェックリストの項目として、画像には、可能な場合ページのキーワードを含む正確なaltテキストを設定しましょう。画像が装飾的なものであれば、imgタグ内に空のalt属性を設定しましょう。

14.動画の最適化

動画は、ユーザーのエンゲージメントを高めるために重要なコンテンツです。

消費コンテンツである動画には、SEO上のメリットに加え、SNSで共有されやすいという利点もあります。また、動画は検索結果の強調スニペットのフォーマットの一つでもあります。

今後ハウツークエリの自然検索結果の30%以上が動画での回答に進化していくと想定しています。可能であれば今すぐにでも準備を始めましょう。

検索でユーザーに見つけてもらえるように動画を最適化する必要があります。動画コンテンツは、通常の検索でも、動画専用の検索エンジン、特にYouTubeでも上位表示される機会があります。

画像と同様、埋め込まれた動画はページの表示速度を遅くする可能性があります。

YouTube、Vimeoなどの最適化のベストプラクティスはたくさんあります。興味のある方は10 video SEO tips to improve SERP rank(英文)をご覧ください。

15.構造化データでのマークアップ

構造化データはページのコンテンツが提示している情報の種類を検索エンジンが理解するのに役立ちます。

たとえば、今後開催するイベントがある場合、その日付、時間、場所、およびその他の詳細を示すために構造化データのマークアップを使用することができます。

Googleがあなたのサイトに何があるかを明確に理解している場合、それらが検索結果に表示される可能性があります。

Googleのガイドラインではマークアップの方法として下記の3つのフォーマットをサポートしています。

  • JSON-LD(推奨)
  • Microdata
  • RDFa

これは技術的なSEOチェックリストの項目となりますが、マークアップが検索結果に表示されるようにするには、オブジェクトに必要なプロパティをすべて含めることが求められます。

正しくマークアップできているかを確認するには、リッチリザルトテストツールを使用して、ページやコードスニペットをチェックしましょう。

16.データの構造化

先ほど説明したマークアップ以外にも、検索エンジンがより理解しやすいようにデータを構造化する方法があります。

  • HTMLのテーブル(表)
  • 箇条書きのリスト
  • 順序付きリスト
  • コンテンツ上部の目次
  • 重要な用語や質問についてのコンテンツの見出し
  • ページ上部に記述する長文コンテンツ(TL;DR)の要約

これらの構造的なフォーマットはすべて、ユーザーがコンテンツをよりスムーズに読むのに役立ちます。また、Googleがコンテンツを強調スニペットとして使用することを促進します。

Googleが公開している構造化データについての詳細情報はこちら

17.ソーシャルメタタグ

ソーシャルマークアップ(ソーシャルメタタグ)とは、Facebook、Twitter、LinkedIn、Pinterestなどのコンテンツを強化するために使用されるコードのことです。

これらのタグのコンテンツは、誰かがSNS上であなたのコンテンツへのリンクを投稿したときに、どのような画像やテキストが表示されるかを決定します。

SEOのためのリンクではありませんが、あなたのページに関するソーシャルな言及は、一時的、副次的に順位にプラスになると考えられています。

HTMLにソーシャルマークアップを指定することで、SNS上でベストな状態で表示されるようにすることができます。FacebookのOGPタグ、Twitterのカードマークアップ、Pinterestのリッチピンが主なソーシャルマークアップタグです。

それぞれのプラットフォームのオプションの詳細を知りたい場合は、下記からご覧ください。

18.URLの最適化

この項目は、ほぼすべてのSEOチェックリストで取り上げられています。一昔前のURLはキーワードが多く詰め込まれていましたが、今では順位への影響はほとんどないと考えられています。それでも、URLの表記はユーザーのクリックに影響を与えます。

ページURLにはアンダーバーではなくハイフンを使用しましょう。アンダーバーはギリシャ文字であり、単語を区切るものではありません。ハイフンは単語を区切るものですが、あまり多用しないようにしましょう。

このトピックの詳細については、GoogleのMatt Cutts氏のこの投稿(英文)をチェックしてみてください(古い投稿ですが名言です)。

また、URLはページの内容が想像できるようなものでで、キーワードを含み、かつスパムっぽくならないようにする必要があります。そして、長いURLよりも短いURLの方が望ましいでしょう。

19.絶対パス記述のリンク

内部リンクを絶対パスで記述しておけば、検索エンジンのスパイダーやブラウザなどは、ファイルがどこにあるのか、それが何についてのものなのかを疑うことはありません。

リンクが「…/…/pagename」(相対リンク)のように見える場合、検索エンジンによってはクロールの問題を引き起こす可能性があります。

相対パスではなく、絶対パスで記述したリンクを使用しましょう。サイトマップは常に絶対パスで記述されたURLを使用する必要があるので注意しましょう。

20.JavaScriptとCSSの外部ファイル化

JavaScriptやCSSのコードを外部化することで、本文中の不要なコードを減らしましょう。

これらのファイルを外部化することで、ページの読み込み時間を高速化することができる場合があります。

おわりに

ここまでの項目を確認してみていかがでしょうか?

以降のチェックリスト項目については後半の記事でご紹介いたしますのでこうご期待ください!

関連記事

カテゴリー

著者

最新の記事

無料分析診断、お見積、お問い合わせ

Webマーケティングでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。
最短1営業日以内にご連絡いたします。

お問い合わせ

TEL:03-5468-3860

受付時間10:00-18:00(土日祝休)